Styling Tips

and random beauty gossip.

第55回 海外で学んだ出来事

  • Super User
  • Blog

平成29年4月16日 ちかちゃん新報掲載記事

 

 今やグローバルな時代となり、世界で行き来しながら活躍なさってる方も多くなってきました。その中で、外人との違いなどをマナーなどで感じる事が多々あります。私も美容師という立場で感じた事をお伝えします。まず、日本人の毛量は10万本、白人の毛量は14万と、白人は毛は細いのですが、量には、かなりの差があります。キューティクル(毛表皮)の枚数というべきでしょうか、日本人よりかなり多いです。そのため表面的なダメージはあまり感じません。しかし、日本人に比べ、ヘアカラーの頻度は多く髪の内部はかなり傷んでいると思われます。イギリスでサッスーンのカットの研修に行き、そのサロン見学もしたのですが、4時間ほど滞在中、ずっとお客様にヘアカラーをしているカラーリストがいました。そのカラー剤は、日本人のカラーの4倍程のパワーのあるカラー剤使用でした。毛表皮が厚く肌も強いので、耐えられる技術です。又、色に対する意識も日本人より高く、あの色になりたいなどの願望も強い様です。日本人は白毛が気になるとか言いますが、外人は、あの色になりたい等、色に対するコンプレックスもあるようです。昔は、赤い髪は悪魔の色などと言って、結婚相手の彼女の髪色を金髪に変えて両親に紹介した、というエピソードがある位です。髪の表面は、毛表皮の厚みで守られているのですが、髪の中(毛皮質)部分はヘアカラーなどのダメージが強いです。パリでフレンチカットの勉強をした時、フランス人の若い女性にモデルになってもらい、カットとヘアカラーを施術。まだ濡れている髪をブローブラシでスタイリングしたのですが、髪がブラシにまとわりつき、ブロー出来ない状態でした。しかし、乾くにつれさらさらのしなやかヘアに変化し、ブラシ通りもよくなられます。肌はやさしく接しないとわずかなひっぱりでも痛さを感じられるのですが、薬剤などには強く不思議でした。所変われば、頭皮・髪も変わってるという話でした。

 

段々これから暑くなってきますね。ヘアスタイルの手入れはより楽にしたいものです。

 例えば、・ほんのりパーマで動きを出す

       ・スタイルに邪魔な部分のくせは、なじませる様にくせ修正  カット ¥4,500+¥3,000~(税抜)

第54回 頭皮のトラブル改善

  • Super User
  • Blog

平成29年4月5日 ちかちゃん新報掲載記事

 

 時々、皆様から「頭皮の臭いが気になるんですけど」という相談を受けることがあります。周りの人にはそう気にならなくても、ご自身は敏感に気になってらっしゃる様です。確かにその原因は2つ程あります。まずは頭皮の汚れが毛穴に詰まっている場合、この汚れは頭皮の脂質が酸化した過酸化脂質、自然とはがれていく表皮の角質層の老化角質と、スタイリング剤等の汚れ分などがくっつき合った物です。これはシャンプー剤だけでは落ちづらい場合も多く、時々、頭皮専用のクレンジングオイルや、代用として、メイクのクレンジングオイルをシャンプー前に頭皮に付け、よくマッサージしてから、シャンプーするといいですね。もしくは美容室にてヘッドスパをすると改善されます。次にシャンプーの仕方による場合があります。シャンプーの際シャンプー剤がよく流れ落ちないのにトリートメントをして、又、そのトリートメント剤が頭皮にもくっついたり。基本的にトリートメントは髪に付ける物で、地肌には付けない様にして下さい。もちろん、頭皮につけてマッサージして良いタイプのトリートメント剤は別ですけど。シャンプー剤・トリートメント剤は、プラス電気を持っています。なので、シャンプー剤がよく落ちてない状態でトリートメント剤を付けると(-)と(+)でくっつき合います。それが臭いの元となってしまいます。シャンプーのすすぎをよくしましょうというのはそのためです。頭皮スッキリで毎日の生活も快適にしましょう。

    

  頭皮のクレンジング、リンパ、及び、血流マッサージなどで育毛・頭皮のトラブルを改善します    

           

             毛穴スッキリ育毛エステ           ¥4,500

      頭皮改善 ギュースキャルプエステ   ¥8,000 

第53回 カラー診断

  • Super User
  • Blog

 

平成29年3月19日 ちかちゃん新報掲載記事

 

 おしゃれには、やはり色がつき物ですね。以前にお伝えした事があるかと思いますが、人には肌に似合う色があります。A.B.C.D(春、夏、秋、冬)タイプとあります。レピローズマリンでは、当サロンで初めてヘアカラーをされるお客様には、必ずカラーテスト(カラードレーピング)をして、その方の似合う色タイプが分かった上で、ヘアカラーの色をお決めしています。これは、ファッションやメイクの色味も同じです。自分の似合う色でコーディネイトすると、肌はより美しく、個性も輝きが増します。ご自分でも、ある程度は分かる方法があります。 まず、春・秋タイプは白まなこが黄味を帯び、夏・冬タイプは青味を帯びています。

冬色が、ビビッドカラーで、絵の具の12色の様な混ざりけのない色です。真白やワインレッドは代表的な色です。その冬色に茶を混ぜた感じが、秋タイプ。黄色を混ぜた感じが、春色。桜色を混ぜた感じが夏色。これで、春・夏・秋・冬のグループが、だいたい予想つくかと思います。ブティックなどで、いろんな色の服をあててみて、秋タイプでないと老けて見えたり、春タイプでないと軽い人に見えたり、冬タイプでないと意地悪そうに見えたり、夏タイプでないとボーッとしているように見えたり、などは似合わないためにそう見えているのです。これを参考に服・メイクなどの似合わせをしてみてはいかがでしょう。段々と自分がどのタイプなのか、はっきりしてくると思います。より自分らしさをアピールしてみてはいかがでしょう。

Le.Pe.Rose Marineのヘアカラー

根本付近のカラー剤には、頭皮の保護剤を配合、さらに頭皮に保護剤を付けています。既染毛には、アルカリ剤が入っていないカラー剤使用、又、それにプラスして、髪の成分、ケラチンタンパク、毛表皮保護剤、糖化防止剤、ケラチンタンパク強化剤、色落ち防止剤、プラチナなどを配合しています。光沢、手触り、色持ちが良いと喜んで頂いています。

  カット&カラー¥10,000~ カラー&パーマ¥16,000~ カラーにトリートメントプラスは¥1,500